ひさっちのMy Sweet Music

chacosax.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アムステルダム5日目②

今回の滞在でもう一つの楽しみだった、コンセルトヘボウのガイドツアーへ。
中国人ピアニストLang Langのコンサートの日でした。
d0178977_2237187.jpg

周りには国立美術館やゴッホ美術館など、この前ツアーで行った見覚えのある場所です。
d0178977_22401538.jpg

参加者は4人。各ホールはもちろんふだん入れない場所まで館内を案内してくれます。
スタインウェイのピアノを触らせてくれました!保管室の中でも甘く透明で軽やかで何とも美しい音、今も耳に残っています。
d0178977_225336.jpg

エレベーターのドアの一つは指揮者専用。中にいる人がドアを閉めていたらそこは壁です。
d0178977_22563782.jpg

ドリンクも完備
d0178977_230618.jpg

この部屋のシャンデリアがとてもきれい。そしてあるポイントに立つと、自分の声がエコーして聞こえるという不思議な場所があります。偶然できたものだとか。
そういえば、シチリアのマッシモ劇場にもそういうポイントのある部屋がありましたが、ここは意図して作られたと聞いた覚えがあります。
d0178977_2351856.jpg


約1時間のバックステージツアー面白かったです。LangLangのリハーサルもちょっとだけ、ドアを開けて聞かせてくれました。でも英語あんまり聞き取れなかったなのが残念。また来て、今度はオーケストラを聞きたいです。
ガイドしてくれたとてもチャーミングな職員の方と。
d0178977_2382960.jpg


つづく・・・
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-30 23:12 | 海外

アムステルダム5日目①

フリーの1日、アムステルダム市街散策へ。
中央駅前 とてもいいお天気です。
d0178977_21345475.jpg

とりあえずこの通りを直進
d0178977_21372370.jpg

デルフト焼 とってもきれい。店員さんに今度はデルフトに行きたいわという話をしました。そしてティーポットを買いたいのです。
d0178977_21375712.jpg

d0178977_22133547.jpg

途中気になったお店に入りながら、どんどん歩きます。
d0178977_21403771.jpg

d0178977_2143397.jpg

同じ場所、時間のはずですが、ちょっとした合間に光の加減で雰囲気が変わる気がします。
d0178977_22442238.jpg

季節的にお花は少ないですが、クリスマスの雰囲気が感じられます。
d0178977_214831.jpg

猫ちゃん、土食べてます。
d0178977_2262361.jpg

d0178977_2144241.jpg

気になっていたコロッケの自販機 期待せずに食べてみたら意外においしい!
お金を入れた後、どうしていいか分からず隣にいた紳士に聞くと「壊れてるね~。」と店員さんに聞いてくれました。結局押す場所が違っただけでしたが、オランダの男の人はみんな低くていい声な印象。
d0178977_2147173.jpg

分かりづらいですが、ダム広場に死神がたくさんいました。
d0178977_21563396.jpg


アムステルダムには、変わったものや不思議なものもたくさんありましたが、まあ、ここでの紹介はいいかなということで・・・。

つづく・・・
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-30 22:14 | 海外

フェスティバルの最後に

ロビーでArno Bornkamp氏をお見かけしたので、一緒に撮っていただきました。
常にいろいろな場所(ホールでもロビーでも)で、ソプラノからバリトンまで演奏していたり、指揮していたり、MCをしていたり、Candyのライヴではノリノリで聞いていたり、とてもパワフルな方でした。
d0178977_014049.jpg

(もう1枚ぶれていない写真がありますが、表情がこっちの方が好き)
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-30 00:05 | 海外

週末

今朝は、宮崎からいらっしゃる生徒さんのレッスンからスタート。
プライベートも仕事も忙しい彼女、宮崎に越してからもレッスンに来てくれています。そんな生徒さんを見ると私もがんばれるのです!
その後チャペルの演奏へ。今日も相方は黒木智子さん♪ 久しぶりに讃美歌も歌いました。
披露宴の演奏がキャンセルになったので、ちょっと一休みして夜のレッスンへ。
明日は一日予定なしだー!!
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-29 23:12

アムステルダム4日目

フェスティバルも今日で終わりか~とちょっと寂しい気分になった4日目。
アンサンブル講座があったのですが、主催者側の都合でキャンセルになりました。
まずはDicke Luft Brengt Stuk Gebaseerd Opde TOONKLOK 
コンサートの後引き続き、Dick de Graaf氏のインプロヴィゼーション講義。オランダ語なので全く分かりませんでしたが、音を出してくれると3度、5度、7度のスケール練習のやり方について話しているのは分かりました。
d0178977_21453843.jpg


Jan Menu氏によるインプロヴィゼーション・ワークショップ
受講は申し込んでいなかったので、見学させてもらいました。こちらもずっとオランダ語でしたが、音が出れば何を目的としているかは分かります。耳を鍛えることの重要性を再認識、後でそういう話をしました。
Menu氏も日本でライヴをしたことがあるそうです。
d0178977_2213553.jpg


そして次のコンサートまで空白の時間が・・・自分でも記憶が無いと思ったら、多分1度ホテルに戻ったような。
オランダ語、英語、音楽、常に神経を集中させていたから、脳が疲れてたのか、この間もいろいろあっていたのに、今になって聞いとけばよかったとちょっと後悔。

そして夜
Dutch Concert Big Band+Solisten
ソリストには大好きなPaquitさん、先ほどのMenu氏も演奏します。若いバンドとベテランの共演、素晴らしかったです。若いミュージシャンの緊張しつつも本当に楽しそうな表情と、ベテラン陣の温かい雰囲気が印象的でした。
d0178977_22155430.jpg

d0178977_22163862.jpg


いよいよファイナル・コンサート
Candy Dulfer
PAを通した音はあまり好きでないので、最初は周りの盛り上がりとはうらはらに、ちょっと冷めていたのだけど、やっぱりこの人のパフォーマンスはすごいです。聴衆も(私も)、バンドのメンバーもどんどん引き込まれていくのです。
d0178977_22224879.jpg

ライヴ後は、ステージ上で気軽にサインに応じていました。もちろん私もGO!
意外だったのは、直接会ったCandyは、ファンキーなパフォーマンスとは違って、とてもやさしい雰囲気でした。このフェスティバルのために日本から来たことを伝えると、とても喜んで「私はこの前行ったのよー」と、手を差し出してくれました。
d0178977_22282991.jpg


いろいろな思いを胸に、帰路へ。
ちょうどトラムで、写真を撮っていたスタッフの人と一緒になったので、Delangle氏と話しているところを撮ってくれていたことのお礼を言えました。
今思えば、慌てて帰る必要はなかったのだから、もう少し会場にいて、親切にしてくれた皆さんともっと話してくれば良かったです。
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-29 22:51 | 海外

今日は

午前中のレッスンがある日、運転していたらちょっとボーッとしてきたので、コーヒーを飲みつつ準備。でも生徒さんのお顔を見たら、しゃきっとなりました!
夜は新しい生徒さんとごあいさつ。以前お父さんが来られてて、今度は娘さんです。よろしく♪
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-28 22:39

アムステルダム3日目②

つづき・・・
Clinic Yamaha with Paquito D'Rivera and Otis Murphy
ヤマハのPRタイム Paquitoさん、クロックスがお茶目です。聴きたいけど、他のコンサートへ移動。
d0178977_2142494.jpg


Amstel Quartet JacobTV's Boombox
ヴォイスに合わせての演奏、不思議なスタイルでした。この後どうなるのか気になりますが、途中で別の会場へ移動しました。
d0178977_21505061.jpg


Meet&Greet Claude Delangle
マエストロとのディスカッション。サックスをやっているわけではない、音楽好きのお客さんもトークに参加していることに驚きました。
d0178977_21554386.jpg

昔、フランスからメソードを送っていただいたお礼を直接言いたいとずっと思っていたのが叶いました!
d0178977_21594518.jpg


Mega Sax Orkest
スタジオでランスルー後本番へ。お仕事でオランダに赴任されている日本人の方が1人いらしていて、一緒に演奏しました。
d0178977_2214279.jpg


Bariton Instituut
マエストロたちも一緒にバリトンだけの演奏
d0178977_22195067.jpg


この後もコンサートはあり、とても聴きたかったのですが、食事を摂るタイミングを逃していたからか、フラフラに。ここまででホテルに戻りました。
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-28 22:24 | 海外

アムステルダム3日目①

3日目の朝は、初ひとりトラム乗車でMega Sax オーケストラのリハーサルへ。
曲はこの日のためにMerwijk 氏(作曲家の時はGuillermo Lago)が作曲した “EL MAESTRAT”
初合わせです。アマチュアの人にはけっこう難しい曲だと思うのですが、90分Merwijk氏の熱い(でも威圧的ではない)指導が続きました。
d0178977_14523148.jpg


キューバ出身の奏者:Paquito D'rivera、Alex Brown(Pf)
パンフレットで見て「ラテンの陽気なおじさん」ぐらいのイメージでホールに入ると、すでにお客さんの熱気を感じました。演奏が始まった途端一瞬で納得。素晴らしかったです。人は楽しくて幸せな気持ちになった時も、涙が出るんですね。若いピアニストも絶妙でした。
私は今まで全然知らなかった人ですが、グラミー賞も何度も獲っている(つい最近も獲ったばかり)の人気プレイヤーだったのです。この人のことを知っただけでもここに来た甲斐がありました。ひと耳でファンになりました!
d0178977_15115829.jpg


マーケットも開かれています。品ぞろえは日本で見るのと同じような感じでしたが、サックスの知らないメーカーがたくさんありました。試奏してみれば良かったかな。
d0178977_15204526.jpg


欧州ヤマハの方と。ケースはSだけど、中身はYAMAHAなのよということで記念撮影。
それにしても皆さん背が高い(私が164cmぐらい)。
d0178977_15244787.jpg


Marinierskapel der Koninklijke Marine+Solisten
Solist
Allard Buwalda,Claude Delangle,Jean-Pierre Cnoops,Rané Hendrickx,Otis Murphy,
Dick de Graaf
d0178977_15503455.jpg

もう一人今日知ったプレイヤーで好きになったのがオランダ人奏者のAllard Buwalda
スタイリッシュないでたちと良い声でMCをしていたので、そういう関係の人かと思っていたら、演奏もし始めてびっくり、かっこよかったです。プログラムにちゃんとプレゼンテイターとも書いてありました。
d0178977_1652736.jpg


ひとまずここまで。後半につづく・・・
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-28 16:10 | 海外

アムステルダム2日目 番外編

彼もデイパスを持っていたようで、フェスティバルの間、しょっちゅう会いました。最初は「調子のいいオランダ人だなー。」と思いましたが、本当にサックスが好きみたいでした。
インプロヴィゼーションのワークショップの始まりで「なぜ即興をやるのか?」という問いに、「表現するため。クラシックもできるけどジャズはもっとできる!」と即答、感心しました。
d0178977_1429840.jpg

[PR]
by chaco-sax | 2014-11-28 14:30 | 海外

体験レッスン

帰国してすぐの仕事は、体験レッスンの予約も入っていました。そういえば前回もそうだったのですが、今日の方も始めてくれるといいな060.gif
[PR]
by chaco-sax | 2014-11-27 23:05 | 教室イベント

サクソフォン教室のご案内&コンサートのお知らせ  時々私のお気に入りを紹介します。


by chaco-sax
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー